羊毛フェルトのラブラドールレトリバー

私が長らく通う山野の羊毛フェルト教室のharada先生が作られた超リアルなラブラドールレトリバーをお手本にして、私も同じものを作りました。

鼻にはフェルターズワックスを使用しました。

骨っぽいのに柔らかい皮膚とお肉のタレ具合張り具合、ゆったりと寛ぐ体躯がとてもリアルに表現された、素晴らしい先生の作品を見ながら、同じものを作りました。

地にぺったりと休んでいます

内容の濃い作品なので、真似ることだけでも難しく、よい勉強になりました。

差し付けなので、身体のラインがはっきり出ます。

リラックスしてべたっと地に張り付いています。前を見つめています。

先生のラブラドールレトリバーより、心持ち、私のレトリバーのサイズが大きくなったのは、
眼のサイズが一つ大きいからです。

左が先生の作品、右が私のものです。

同じバランスで作っているはずなのに、私のは大きくなっていき、小さくするとバランスがが狂うので、不思議だ?と突き詰めて行くと、眼球のサイズがほんの少し私の方が大きかった、というオチでした。

なにかが変だ、と気がついたことは嬉しかったです。

手前が先生の作品、後ろが私のもの。  先生のはやっぱりすごいです

背骨の微妙な凹凸のラインや垂れた皮膚、お腹のお肉の力の抜けた感じ、こんな感じだ!と再認識することばかりです。

製作途中です

   2020年

コメント

タイトルとURLをコピーしました