羊毛フェルトのゴリラ

ゴリラ

夏の真最中、他の作品を作っているときに、ゴリラを作りたい衝動に駆られました。

ニシローランドゴリラです。

 

ゴリラにはモサモサした毛、ぶ厚い皮膚や粘膜ぽい部分、皮膚か毛が生えているのか微妙な部分など、質感が異なる部分が含まれていて、

それらの表現を試して確認しておきたいと、急に思いたったわけです。

ネット上のゴリラ画像から、はじめは所在なさげに右手の中指で脇の下を搔いているポーズを選びました。

でも、さりげなさすぎて何をしているのかよくわかりません。

中指で脇の下をポリポリ;; の、とぼけた様子がわかりにくい。   もっと勉強しないといけません。


それで右手で何かを掴むポーズにしました。食事の草です。

左手に持つのは小玉スイカ。

ゴリラはセロリやスイカも好きだとか。
コダマスイカは小さいとは言え、これだと小さすぎでしょうか。
巨大なゴリラということにしておきます。

シルバーバック

すると他は変えていないのに、野生ゴリラが意思を持つ動物に見えてきました。
ゴリくんにはやはり人に通じるものを感じます。

ああ せつない

手に持つものを変え、今日は美形の猫を訪ねました。

花と、左手にはマトリョーシカ。女心をわかってますね。

草食のゴリラはバナナを食べるイメージがありますが、
それは人間のゴリラへのステレオタイプのイメージで、

特にバナナが好物でもないようです。あ、それはチンパンジー?。

女性はマトリョーシカがすきですね

草食のゴリラの筋肉が発達しているのは面白いです。
その体の仕組み、運動嫌いの私にも分けてください。

2021年

コメント

タイトルとURLをコピーしました