羊毛フェルトのオードリーヘップバーン

動物以外のもの

羊毛フェルトで絵を描く、刺繍をするという分野があり、試しにやってみました。

大好きな女優さんの一人、オードリー・ヘップバーンさんです。

その前に、3Dでヘップバーンの顔を制作しましたが、撃沈・・・。

次は興味のあった平面刺繍でやってみました。

まあまあの出来かなと、好きな女優さんシリーズで、続けてジュリー・クリスティとビビアン・リー、と作る気満々でしたが、立体制作に戻ってしまい、平面はオードリーで終わっています。

用途を考えず作りましたが、表面を軽く水フェルト処理をした後、当時タイでよく服を作ってもらっていた仕立てやさんで、記念にバッグにしてもらいました。

思っていたものと違うものが出来上りましたが、お安く作ってもらったので十分です。

上にファスナー、後にもファスナー付きポケットがあり、大きくて軽くて便利。

でも子どもに「すごく目立つバッグよね」と何気に言われ気軽に持てなくなりました。

色合は地味なのですけれども。  モチーフが大きすぎましたか!

このバッグを持っていて「オードリーですね」と知らない人に話しかけられるのも恥ずかしくなり、持たないままクローゼットの奥に眠っています。

気にせず普段に持てばいいのにと、思うのですけれどね。

2017年

コメント

タイトルとURLをコピーしました