羊毛フェルトのパンダ

パンダ

一昨年の夏、パンダを中国の福州熊猫世界で見ました。
20年ぶりに見る生パンダです。

そこには6匹もいるのに、暑さのために出てきたのは1匹だけという残念なことでした。

中にたくさんいる様子だけは影で見えていましたので、暑さの中、何とか出てきてほしいと待っていましたけれど、一匹のみ。  

子供たちは中国で”シャンマオ~?(多分、パンダ~)”と叫んで何とか呼び出そうとしていました。

それでも、あらためて丸くコロコロした肢体、ゆっさゆっさと歩く可愛らしさ、ふさふさの毛、羊毛フェルトにぴったりの動物だと再認識しました。

木にぶら下がるパンダ



ネットにあった木にダラリと垂れるパンダの可愛い画像があり、うちの観葉植物に吊れるように、同じポーズのものを羊毛で作りはじめました。

← モデルのパンダです。

https://pin.it/5iX4Frb

ロムニーを主に使用しました。

うちのウベンラータの木の枝分かれ部分のどれかには、すっぽりはまるのではないかと思っていたのですが
植毛を始めてからいったん吊るしてみたら、

よいしょ

あらら・・・

枝の角度や方向が微妙に違うので、どこにもうまくはまりませんでした。
でもこれでもかまわないです。

手のひらに丸くのる感じが気持ちいい。

まさに手のひらの上で転がしている感があります。

手のひらで、ロムニー毛がピンとシャワッと感じられます。

それで、このままのポーズで仕上げました。

そのうち、完全に木からとろけそうに垂れたパンダを作ってみたいと思っています。


今は家の動物園で仰向けに寝転がり、仲間とガウガウ遊んでいます。

この世はパラダイス~

毎年夏は飾る羊毛フェルトの作品を少なくしていますが、今年の夏はオールスターズで出しています。 

2019年

コメント

タイトルとURLをコピーしました