羊毛フェルトのハムスター

ハムスター


この以前は自己流で羊毛フェルトの簡単な作品を作っていました。

2014年にharada wanaka先生の教室(現 山野の羊毛フェルト教室)に入っての第一作は、娘の幼い頃のペットだった、ハムスターのぷーたんにしました。

娘が飼うハムスターの名前は、みなぷーたんでした。

この作品は今でも娘の家にありますが、手元に残っている画像は数枚だけです。
行方不明ですが、寝たタイプの物も作った憶えがあります。

このハムスターはひまわりの種を手に持っています。

自己流の作品と違い、harada先生のご指導によって生き物らしい活き活きとしたハムスターが作れたような気がして、とても嬉しかったことを憶えています。

これから自分の作品に命が宿るかも、と期待を持ちました。
とても懐かしい作品です。

下は教室で完成したばかりのぷーたん。
初々しいハムスターです。懐かしい。

生まれたばかりです

手も指を一本づつバラバラにリアルに作らず、グーの手でひまわりの種を持っています。

グーの手も、今見ればひまわりの種が落ちそうで危なっかしいのが、却って新鮮です。

ほやほやです

植毛作業も初めてこのハムスターでやってみました。

左隣や後ろのものは、それ以前に作ったウサギです。
人形のような生命感のなさ、これが何とかならないかとずっと思っていました。

本を参考にしてつくっていましたが、形を整えるだけで精いっぱい、また形をちゃんと見ていたかどうかも怪しいものでした。


この小さな小さなハムスターは、たまたま教室の作品展の寸前に出来上がりました。
教室に入ったばかりでしたが、出展しませんかと声をかけていただき、他の立派な作品に混じって、作品展で展示してもらいました。

小さすぎて、隣にクラッカーをつけて存在感を演出していただきました。

先生の優しいお気遣いに感謝です。

うふふ・・・ちょこんと一丁前に並ばせてもらっていますよ。

他の生徒さんの素敵な作品を見せて頂いて、動物に限らずいろいろなものが作れるものなのだと驚きました。

埋もれてしまいそうな作品群の中で、ちょこんと私のハムスターが鎮座していたことを思い出したら笑えてきました💛

2014年

コメント

タイトルとURLをコピーしました