羊毛フェルトの宇宙飛行士

人、人間

羊毛フェルトで小さい宇宙飛行士を作りました。
空、空間、時間と溶け込むもの、と考えて宇宙飛行士になりました。

その年明けにアメリカ、ヒューストンのNASA ジョンソン宇宙センターを見学するので、そこで自分の宇宙飛行士の写真を撮りたかったからです。

でも私の羊毛宇宙飛行士はNASAの飛行士ではなく、JAXAジャクサの宇宙飛行士・・・

・・・いや、JAXAの宇宙服を知りませんので、適当な事は言えません。ウソです。 

とにかく日本の飛行士です。
ほら。

顔面を覆う部分が、黒ではなく黒に近い紺色というところが宇宙っぽい(つもり)です。

中国で作り、中国の西安 敦煌への旅行に持って行きました。

NASAでより先に、古代中国の兵馬俑の軍人たちとの撮影になりました。

宇宙飛行士と兵馬俑。 

古代と未来の遭遇。

私の代わりに宇宙飛行士を飛ばし、歴史を身体で感じてもらいました。

(兵馬俑を作らせた)始皇帝は死後も権力と富を支配しようとしたけれど、未来に人が空を飛び、宇宙で生活する時が来るとは想像さえしなかったでしょう。

栄枯盛衰世の習い。

私も歴史の中のほんの一瞬にいるだけ。

        2019年

コメント

タイトルとURLをコピーしました