羊毛フェルトのカニヘンダックスフンド

今回初めて知りました。ミニチュアダックスフンドよりも小さいダックスをカニヘンダックスフンドと言うそうです。

製作したレオ君4歳は、クリーム色のカニヘンロングヘアードダックスフンドです。

クリームというよりも、神々しく輝く毛は透明感のあるシルバーゴールドにも見えるぐらい、若く美しいレオ君。

公園へ散歩に行くと、人が見に集まって来るというお話しもなるほどと思います。

右手を一歩だし、右に身体を向け、こちらをひたっと見つめるレオ君。両掌サイズで作りました。

小さい爪、肉球も付いています。男の子です。

身体の毛は一部カールっぽい毛が混ざっていますが、耳に生えている毛は金髪のようなシルバーのような。さらにツヤのあるサラサラの直毛です。

背中の上部の毛は逆毛で巻いています。

カニヘンダックスフンド、きっと小さくて可愛いことでしょう。

どのぐらい小さいのか実物を拝見したいものです。

2020年

コメント

タイトルとURLをコピーしました