羊毛フェルトのリス

リス

羊毛フェルトで木の実を頬張るリスを作りました。私の中でのリスの代表格、シマリスです。

右手で大きな木の実を口にほおばって押し込み、左側の頬がいっぱいになっています。

モグモグモグ

尻尾を付けても、前の方が重くてバランスが取れずに倒れてしまい、製作途中で重心をしっかりとるため、お腹あたりに庭の小石を入れました。 

そのため、このリスは手のひらに載せると適度な重みがあり、まるで生きているリスを手に載せているような感覚です。

もっと思い切り左頬を膨らませてもよかったかな?と思いますが、遠慮がちな密やかなほおばりも、愛しくてヨシヨシしたくなります。

いつかは風船のように頬を膨らませたバージョンも作ってみたいと思います。

熱帯の国で仕上げたので、森林ではなく雨季の熱帯の植物の前での撮影です。

一年中暑い熱帯のこの国にはリスはいないだろう、と思っていたら、その後リスが電線をつたってササっと走っていたり、木に登っていったりするのをたまに見かけることがありました。

周りに尋ねると、リスはよくいるとのことでした。

野生たちはどこでもたくましく生きてるのですね。

次は下の画像のような原種のような細長いリス(何が原種か知りませんが、イメージで・・)を作ってみたいです。  これは寒い国にだけいるのかもしれません。

このリスの尻尾は半透明かのように、毛の隙間から向う側が透けて見えていました。とても不思議です。

2017年

コメント

タイトルとURLをコピーしました