羊毛フェルトのハリネズミ

ハリネズミ

数年前ハリネズミブームがありました 今も続いているのでしょうか。


はじめて本物のハリネズミを見たのはそのブームの最中でした。


小さな顔にビーズのようなつぶらな目、華奢な手足、こんなに可愛いものかと驚きました。


針を立てて自分を守れてよかったね。

そうでなければすぐに襲われてしまいそうな外見、顔です。

驚いたのはもう一つ、ハリネズミをハンドメイドでするための、ハリ状の突起がついた布があるということ。

布、と表現していいのかどうか。
そのハリは本物のハリネズミのもののようにとがっていますが、触っても痛くも何ともなく、そのまま縫い付ければハリネズミの背になる、面白い布です。

最近はほとんどの方がこの布でハリネズミを作っているようです。

教室の見本を見て制作しました。

バラバラの個性で・・・たくましそうな子もいます。

今家に残っている一匹は、いったいどの子なんだろう。

この作品もその布を使用しています。

こういう需要があるということは、それだけハリネズミ人気がすごいということですね。

これがあると作品が思ったようにできなくとも、ハリネズミに見えて可愛らしいです。

私も当時いくつか作って人にプレゼントしました。

私のマスコットハリネズミはもっと手足を華奢にしたほうがよかったですね。

そうそう、新しいパターンのハリネズミ布が家にあることを思いだしました。

もっと明るい茶色の、ハリ付き布。

次に作るなら、すべてのパーツをもっと細くしてみよう。

どうやってこの針の部分を量産しているのですかね

ハンドメイド好きの方なら、ハリも含めて制作するのにチャレンジするのもアリですね。

出来れば誰かがチャレンジして、結果を教えてもらえたら・・・と私は易きに流れます。

2016年

コメント

タイトルとURLをコピーしました